四谷大塚のテスト 国語勉強法

前回、四谷大塚の「本番レベルテスト」についてお話ししましたが、
四谷大塚に通うなら是非、テストを上手く使って欲しいわけですが、
テストの成績を上げることができず悩んでいる人が多いということです。

四谷大塚のテストと言えば「合不合判定テスト」がよく知られていますが、
合不合判定テストの成績を上げることができないという人が多いのです。

例えば、「個別指導SS-1」のお悩み相談では、
四谷大塚の生徒の保護者が、合不合判定テストの国語で、時間が足りず悩んでいるというものがありました。

国語のテストで時間が足りないというのはよく聞く話です。

過去問を解いても時間が足りない・・
ゆっくり考えればわからないわけではないのに・・

ただ、成績を上げるためにはスピードも必要です。

SS-1のアドバイスによれば、時間配分を考えることも成績を上げるためには必要のようです。

それと同時に1問1問の配点に気づいてないということもあるそうです。

1問1問にかける時間を全体の問題数から即座にわりだす習慣をつけることで、
成績を上げることができるそうです。

四谷大塚の国語の問題を分析し、知識の問題を素早く解く、
大問3と大問4が知識問題なので、50分のテストのうち7分で解くのがベストとあります。

答えをスピーディにだせない、間違ってしまう等となると成績を上げることはできませんね。

まずは知識の定着不足を克服します。

次に文章題の読み取りのスピードを上げることも重要とのことです。

そのためにふだんから正確に読み取ることと、スピードを向上させることを意識した勉強が重要だそうです。