週テスト+復習ナビ

四谷大塚は予習主義なので、予習のやり方に注意が必要だということをこれまでお話ししてきました。

四谷大塚で成績を上げるには、家庭学習が必要になります。

四谷大塚では代表教材の予習シリーズが上手く使えるように予習ナビが用意されていますが、実は復習ナビも用意されています。

予習ナビは、その週の予習シリーズの学習範囲を自宅のパソコンで毎週月曜日から受講できるもので、1教科あたりの授業時間は50分~120分程度です。
解説授業と問題演習の組み合わせですが、生徒一人ひとりのレベルに合わせた授業を四谷大塚の講師が行っているため、理解しやすいものになっているそうです。

ただ、家庭学習の時間をきちんと確保できる子どもでないと、
成績を上げることができません。

通常の1.5倍スピード再生も可能ということで、
学習時間を確保することが難しい人は時間を短縮しての受講も可能だとのことです。

復習ナビでは、「週テスト」の後の復習が可能です。

中学受験のための学習ではアウトプットの学習は不可欠です。
アウトプットできなければ成績を上げることができないのです。

そのため四谷大塚ではテストにも力を入れています。

復習ナビは、テストで間違った部分を復習するためのものです。
テストの後に復習を繰り返すことが、成績を上げる近道です。

四谷大塚では、週テストを受けると、採点済み答案はインターネット上で返却され、
その画面から復習ナビの画面に進むと、
間違った問題の中で、重要な問題から順に解説授業が始まるということです。